成功する就職活動のステップとは?3つのステップを知ろう

就職するにあたって自分の棚卸をしよう

就職活動を始める場合、まずは求人情報を探そうとするかもしれませんが、その前にやっておいた方がいい準備があります。それは、自分自身の棚卸です。自分がこれまでに積み上げたキャリアを顧みて、強みになるスキルや知識を整理することが大切でしょう。また、対人関係が苦手、ITがわからない等の弱みも把握しておく必要があるでしょう。もちろん、どんな仕事がやりたいかを考えることは大切ですが、強みと弱みから冷静に判断して進む道を考えることも重要ではないでしょうか。

ハローワークやネットで求人情報を探そう

自分の就職したい業種や職種が決まったら、求人情報を探すステップに入ります。求人情報は情報誌やネットの専門サイトで探すことを思い浮かべる人が多いでしょう。もちろんそういった民間のサービスを活用することは有効ですが、並行してハローワークも積極的に活用するといいでしょう。地域に根差した求人情報が豊富に揃っていますし、就職相談に乗ってくれたり、キャリアをベースに向いていると思われる就職先を紹介してくれる場合もあるでしょう。

履歴書や職務経歴書を作成しよう

実際に応募したい求人を見つけたら、履歴書や職務経歴書を書いて送り、書類審査にパスしたら面接を受けるステップに入ります。履歴書や職務経歴書は、その書き方を指南した書籍が多数発売されていますので、内容は別にしても、形式的なことについてはそういった書籍を活用して常識的なことを知っておくと役に立つはずです。特に職務経歴書は、応募先に自分を売り込む大切な資料です。端的に必要な内容をまとめつつ、役に立つ人材であることをアピールできる内容にすることが大切でしょう。

CADオペレーターとは、CADという図面作成支援ソフトを使用して作成する人を指します。PC上のソフトなので例えば回路図を作ると、どういう電気的動きをするかをシミュレーションが出来たりと進化しています。